▼愉しい科学の本▼

▼気になるアイテム?

▼オススメ情報2▼

一番オモロイポイントサイト

  • とにかく何やってもポイントが貯まる気前の良さは業界一!しかもゲームがめっちゃ楽しい、オモロイ。仕事中のうさ晴らしに最適でっせ♪



« 第60幕/過去は、過去。 | メイン | 第62幕/猫とにらめっこ »

2010年11月 4日 (木)

第61幕/遙かなる邂逅

 それはレーダーを見るまでもなかった。この辺境惑星の基地にしつらえられた貧弱な設備など使わなくても、すでに観測室の窓越しの肉眼で円盤状に見えていたからだ。
 数日前に見つかった、この惑星との衝突コースに乗った小天体だ。

 光学望遠鏡だとちょうど球状星団のような感じにぼやけて見える。しかしいま私たちがいるこの惑星は、火星ほどの大きさで大気がなく、光が滲む事はない。
 小惑星衝突と言えば、摩天楼も海も陸も根こそぎ蒸発して逝くパニック映画の光景を思い出す。それこそ墜ちたら一巻の終わりだ。

 終わりだが、一発で済む。

 ところが今この惑星めがけてまっすぐ近づいて来るのは“群れ”だった。ここの貧弱な観測装置では正確に数まで分からないが、数百か数千か。ひとつひとつはバスケットボール程度の大きさという事くらいしか判らない。
 上等な装備はすべて宇宙空間に配備されていた。この星はそれらの遠隔制御と地球へ向けてのデータリレーの拠点だったが、そしてそれらの“目と耳”が真っ先に隕石群の“先触れ”によって破壊されてしまったのだ。
 地球のように大気が厚ければその程度の隕石など燃え尽きてしまうだろうが、ここではすべて直撃だ。さながら雨のように降り注ぐことだろう。

 不思議な現象も起きていた。
 無数の隕石が密集隊形で一直線に飛んで来るのも不可解だが、奇妙な事に“隕石群”は加速していた。原因は不明だ。この星の微弱な引力では計算が合わない。しかも個々の速度にバラツキがあり、そのためここへ近づくに従って隊形が崩れ、いくらか前後に伸び始めている事も判ったが、だからといって、ほぼ全部がここに命中することには変わりはない。

 残念だが我々の脱出は叶わない。
 宇宙船の椅子は足りているが準備が間に合わない。加速している事を考慮に入れると我々には一時間も残されていないだろう。
 しかし何かしていないと正気を保てない。私がこうして最後の……最後の口述記録を録っているのも同じ理由だ。
 お…地震だ。勿論まだ衝突には早い。隕石群が見つかった前後からこの地震は起きはじめたのだが、実はこの星は基地建設の下地調査の時から、中心核が冷え切った死んだ星である事は判っていたし、隕石群もいくら数が多いと言っても接近だけで地殻変動させるほどの質量はない。

 ここは最初から実に変な星で、まるで碇を下ろした船のように、ぴたりとこの三次元座標に固定された状態で存在していた。勿論そんな事は不自然だ。弧空の観測点としては好都合だが、無重量空間でモノを制止させるには神懸かり的なコントロールを必要とする。まして惑星である以上、太古は生みの親であるどこかの恒星を巡っていた筈だ。
 人工物ではという説もあったが、それを確認するだけの科学力はいまだ人類にない。それから四半世紀、何事もなかったので基地は建設され、私はそれをつきとめたくてここへやって来たが、それももうお仕舞いだ。

 基地にいても死ぬ事には変わらないので、宇宙服で外に出た。空を見ると、いつのまにかアレが空いっぱいに拡がっている。予想以上に早い。どれが最初の一個目になるのかは見分けられないが、誰かがレーダーを見ながらカウントダウンをはじめた。
 5・4・3・2…反射的に首をひっこめる。お笑いぐさだ。…地響き。ついに一個目が落ちた。基地直撃はまぬがれたようだが、様子が変だ。
 視界一面がうす桃色に光っている。何かが燃えているのか?空気もないのに?いや、違う。
 信じられない光景だった。最初の隕石が地表に達した直後、光の膜のようなものが惑星ごと地表を覆ったのだ。まさに一瞬の出来事で、続いて飛来した無数の隕石は、凄まじい勢いで次々とその光の膜にぶちあたって消滅、あるいは弾かれてゆく。幻想的でさえあり、一度は死を覚悟した私には既に冥土でこれを見ているのではないかとさえ思えた。
 次の瞬間、大地が割れた。もう終わりだ、と思ったが、意外な事に地面の下で起こっているそれが半透明と化した大地の下に透けて見え、さらにそれがまたスッと二つに割れた。そしてそれは頭上で隕石群が弾かれ続けている間、どんどん繰り返されていた。
 卵割だ───と、直感した。
 ああ、そうだったのか。たったひとつの卵子に群がる無数の精子の光景。しかし最初に到達したひとつのみが勝者であり、卵子と共に身体を作ってこの世に生まれ出る権利を得られる。

 何が生まれてくるのか見届けられないのは残念だが、生命と引き換えにするだけの値打ちはあった。あとはこの通信がいつか他の基地にキャッチされるのを祈るだけだ。

“そこには人類の知らない新しい文明・新しい生命が待ち受けているに違いない”か。
 あなたの言った通りだったよ、カーク船長。


-----------------------------------------------------------------
───おわり───


コメント

始めまして。
サイトー(齊藤想)と申します。
小説ブログ村のショートショートから飛んできました。

この作品、とても雄大でいいですね。
週末にネットを徘徊しているのですが、ここまで大きな作品にはなかなかめぐり合えません。
特に最後のオチには驚きました。

そこでお願いですが、自分のブログで、自分がいいと思った作品を積極的に紹介しているのですが、ぜひとも羽場さんのこの作品をブログに転記する承諾をいただけないでしょうか?
少しでも羽場さんの作品が広がるお手伝いをさせていただければと思っておりますので、前向きに検討していただければ幸いです。

よろしくお願いします!

サイトーさん、はじめまして!
過分なお褒めの言葉、感謝にたえません!
どうぞ、ご紹介ください。なんせカウンターをご覧になればお分かりのように、連日ヒトケタですので…
まあ、以前は毎週更新してたのが今では時たまですから当然と言えば当然なんですけど。

こんな調子なのですが、ぜひとも今後とも訪れて読んでやってください。
よろしくお願いします。

羽場さん、掲載許可ありがとうございます!
早速ではございますが、ブログにUPいたしました。
ご確認ください。

<記事>
http://takeaction.blog.so-net.ne.jp/2011-01-18

自分も作品を書くときは2000字前後なので、この分量というのが、書くのも読むのも好きなんですよね。
これから徐々に読ませてください。
また作品紹介のお願いに上がるかもしれませんが、そのときにはよろしくお願いします!

この度はありがとうございました。
もうひとつお願いですが、相互リンクを貼っていただけないでしょうか?
勝手ながら先行してぼくのブログにはリンクを張りつけてしまいました。
ご迷惑なら削除いたします。

お手数ですが、ご検討をお願いいたします!

コメントを投稿

いらっしゃいませ。
亜茶事及楽
(あさじ きゅうらく)です。

  • あなたは09年1月の当劇場開館以来…
    番目の

    ありがた〜いお客様です。


フォトアルバム

支配人ごあいさつ

  • 当劇場はブログ形式で第一幕から順に並べてはありますが、作者の気まぐれにより適宜改訂・追記等いたしますので公開日付等に意味はありません。
    したがって何時いかなる幕数の話でもコメントをありがたく頂戴いたします。お気軽に話しかけてやってください。
    掲載作品の二次使用も大歓迎。これを原作にどんどん話を膨らませてください。ただし必ずご連絡と原案者名・原題の記載をお願いします。

    ご連絡は該当作品のコメント欄まで。


    2000字劇場支配人:拝

2000字劇場&

さいえなじっく

更新告知Twitter

  • さいえなじっくの主人公、夕美がしゃべってます。ふぉろーみー♪


    2000calTwitterBN

こんてんつ、色々。

  • ▼TOMZONE-S SHOWハブブログ▼

    BuratabiBun.gif

    ▼ひと味ちがう京都堪能ガイド▼

    BuratabiBun.gif

    ▼これぞ元祖中の元祖!!▼

    SengokuBusyoBN.gif

    ▼一筆おひねりエッセー▼

    HokotateBN.gif

    ▼TOM娘のTop絵これくしょん▼

    FetakeBN.jpg

他にこんなブログ

やっておりマス。▼

  • ▼作者の日常をブツクサと。





    ▼絶対ネタバレなし!の映画解説





    ▼のんびり更新*連載型SFコメディ

ランキング参加中。

  • 基本的に作品以外の記事はありません。作者の日々のウダ話はこの柱の上の方にある『ブツクサ徒然ぐさ』のRSSボードからどうぞ

    コメントへのお返事がライナーノート代わりですので、お気軽に言葉をかけてください。

    まあ楽しめた、と思われたらぜひ

    ▼▼▼クリックお願いします。創作の励みになりますので…。

    にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ

    にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ

    にほんブログ村 小説ブログへ



    ランキング下がってるので

    ▼ここんとこ特にヨロシク


    小説・詩ランキング

Powered by Six Apart
Member since 09/2008

お世話になってます♪